目的に合わせて美肌ドリンクを選ぼう|肌の状態に注目

ビタミンとミネラルが豊富

青汁

栄養の宝庫

「苦くて飲みにくい」これこそ体に良い証拠、青汁の特徴です。最近の青汁は飲みやすいように添加された商品もたくさん出まわっています。しかし、栄養をダイレクトに吸収できるのはだんぜん手を加えていないピュアな商品です。青汁の元祖といえばキャベツ科のケールです。特有の苦味がありますが、ビタミンの王様というくらい栄養が詰まっています。その次にポピュラーなのが麦が穂をつける前に収穫する大麦若葉です。苦味、クセも少ないので、飲みやすさを重視する人に適しています。栄養価も高くビタミン、ミネラルの宝庫とも言われているようです。そしてもうひとつ、人気上昇中のあしたばです。ビタミンA、Eそのほかに食物繊維がたっぷり含まれています。

加工方法が大切

「青汁」のタイプで1番多いのが粉末タイプです。持ち運びに便利なのがメリットですが、コップに入れて水に溶かさなくてはならないので少し手間がかかります。栄養が失われる高温処理で作られているのも、このタイプのデメリットです。解凍して飲む冷凍タイプの青汁もあります。飲みづらいのがデメリットですが、青汁の栄養を損なうことなく飲めるのが冷凍タイプの良いところです。そのほかにどこでも気軽に補える「サプリメント」も販売されています。一粒に栄養がぎゅっと凝縮されていて、少量で必要な量を摂取できるのが特徴です。高温加工よりも低温で加工されているほうが栄養の吸収が良いので、商品を選ぶときは加工方法を確認しておきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加